Top >  にきび予防 >  炎症の原因、アクネ桿菌

スポンサードリンク

炎症の原因、アクネ桿菌

比較的治療しやすいにきびに、白にきびや、黒にきびがあります。

この段階にアクネ桿菌がついてしまうと、にきびが炎症を起こしてしまい、一気に悪化させてしまうことになります。

このアクネ桿菌は、特別な菌ではないのです。

だれの肌にも存在する常在菌なのです。

この菌にはとても感染しやすいので、完全に肌から退治することは不可能です。

ですがアクネ桿菌の特徴として、脂肪を好み、空気を嫌うというところです。

毛穴のふさがれている皮脂のつまったにきびの内部は、アクネ桿菌が好む絶好の居場所となるのです。

このアクネ桿菌が多くいる場所として、にきびが出来やすい顔や、胸、背中などがあげれらます。

このことから、思春期に出来るにきびは特に赤いにきびへと進行しやすくなるのです。

にきびは、アクネ桿菌が酵素を作りだしていき、毛穴にある皮脂を酸化させていきます。

すると炎症がだんだんと広がっていき、膿んでくる結果となります。

アクネ桿菌に感染をしているかどうかは、クリニックにおいて、ボルフィリンという物質があるかどうかを調べてもらうことで判断できます。

このアクネ桿菌には、蛍光するボルフィリンと呼ばれる物質を排出しているので、感染がわかるというわけです。

トップページ  |  次の記事 にきび予防の注意点  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび跡を消すために」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。