Top >  にきび予防 >  便秘によるにきびの増加

スポンサードリンク

便秘によるにきびの増加

便秘になると、にきびは増えたり、悪化したりするので大敵です。

なぜ便秘がにきびに悪影響を及ぼすのでしょうか。

これは、何日も便を体内に溜め込んでしまうと、腸内において悪玉菌が増殖してしまい、異常発酵を起こしてしまうからです。

この異常発酵には、有害物質を発生させたり、皮膚の代謝に悪い影響を及ぼしていきます。

具体的に説明すると、便秘をすることにより腸内の状態が悪化し、吸収をするべき場所の働きが悪くなるので、ビタミンやミネラル分の吸収がされにくくなっていきます。

また腸内にはさまざまな毒素が蓄積されていくので、新陳代謝が著しく低下していきます。

腸内では、毒素を排出したいので、たまった毒素を血液の中へ移動させはじめます。

この結果毒素は最終的にまわってきて皮膚から排出されます。

このことが原因で皮膚にダメージがおき、にきびや吹き出物の原因となるのです。

こうならないためにも普段の食生活に食物繊維が欠かせないのです。

腸内の清掃をしてくれる食物繊維は多くとるようにしましょう。

特に、穀類、豆類、海藻類、野菜、なかでも根菜に多く含まれています。

町内の運動を促すためにも、日中は水分を多めに摂取し、運動をするようにしましょう。

食事で、糖分や脂肪分の多いものはこの異常発酵が腸内でおきやすいので、なるべく控えるようにしましょう。

 <  前の記事 どうして毛穴が開くのか  |  トップページ  |  次の記事 日常生活の方法  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび跡を消すために」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。