Top >  にきび予防 >  生理との関係

スポンサードリンク

生理との関係

私たち女性には毎月の生理があります。

中ではこの生理の前になるとにきびがひどくなるという人がいるでしょう。

これは、皮脂の分泌には女性ホルモンが関わっているからです。

女性ホルモンの中の黄体ホルモンには、男性ホルモンににた働きがあるのです。

この女性ホルモンの影響で、にきびの原因となる皮脂の分泌を促進させてしまい、角質も厚くさせてしまいます。

女性の体には、この黄体ホルモンが排卵後から、生理の始まる前まで増加していきます。

この影響で、にきびが出来やすくなったり、にきびを増加させてしまうようです。

この時期には、化粧を薄くしたり、肌を清潔に保てるよう洗顔を多くするなど、気を配りましょう。

また脂肪分や、糖分を多くとるような食事は減らしましょう。ですが、生理が始まるとにきびは減っていきます。

これは、生理中になると、皮脂をコントロールしていたホルモンが減少していくので、肌の状態もよくなっていきます。

また生理が終わると、角質に含まれる水分が増えていき、コラーゲンを増やす役目をするエストロゲンが多く分泌されるのです。

このため肌が潤っていき、だんだんと綺麗になっていくのです。

 <  前の記事 日常生活の方法  |  トップページ  |  次の記事 大切なパッチテスト  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび跡を消すために」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。