Top >  にきび予防 >  飲酒による影響

スポンサードリンク

飲酒による影響

飲酒は適度なアルコール量だと、血行促進になり、食欲も増進するというメリットがあります。

ですが、過度な飲酒は肌にも大変なことになります。

ですから、にきびがひどいときには、アルコールの摂取はなるべく控えておいたほうがよいでしょう。

飲みすぎから胃壁を荒らすことがあり、また血中の中性脂肪を増加して、皮脂の分泌を促すことになります。

またにきびにとって非常に重要なビタミンが、過度な飲酒により体内への吸収を出来なくしてしまうのです。

さらに、状況が進むと、アルコールの性で肝臓の機能をも低下させてしまいます。

これは、肝臓がもつビタミン貯蔵能力を低下させてしまうことになるのです。

こうなってしまうと、肌の代謝機能だけではなく、そのほかの栄養分の代謝機能も落ちてしまいます。

また飲みすぎは、毛孔漏斗部を角化させてしまう原因となります。

これは、毛穴を詰まらせる原因です。

ですが、禁酒ばかりを考えてしまうと逆にストレスとなってしまいます。

無理な禁酒でストレスとならないようにしましょう。

深酒は夜更かしをしてしまうことにもつながります。

飲酒は適度にし、深酒はにきびの炎症を悪化させるもとだということを忘れないようにしましょう。

 <  前の記事 毛穴パックとは  |  トップページ  |  次の記事 光による治療は安全でしょうか?  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび跡を消すために」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。