Top >  にきびの治療 >  にきび跡とメラニンの関係

スポンサードリンク

にきび跡とメラニンの関係

メラノサイトが、シミを作る原因物質であるメラニンをつくります。

メラノサイトと、にきびのの跡がシミになりやすいということと、どういった関係があるのでしょうか。

メラノサイトが活発に活動する原因には、毛穴が炎症を起こすことにあります。

私たちの肌では、炎症による刺激が直接肌に伝わらないように、メラノサイトがメラニンを作るのです。

このメラニンは、作られたあと、健康な肌であれば、分解され、体の外へ排出される仕組みになっています。

では、排出しきれないときはいったいどんなときでしょうか?

私たちの肌がターンオーバーが滞っているときに、定着され、その結果として、シミになってしまうのです。

シミが出来る原因は、にきびの治りかけに触ってしまうことです。

にきびの炎症を助長させてしまうことにもなりかねません。

このときに、少しでも治りやすく手助けする手段として、イオン導入や、ビタミン、アミノ酸を沢山肌に補給してあげることでしょう。

 <  前の記事 皮脂腺が破壊されると  |  トップページ  |  次の記事 にきびが完治するには  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび跡を消すために」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。