Top >  にきびの治療 >  にきびと喫煙

スポンサードリンク

にきびと喫煙

タバコはビタミンCを破壊してしまうといわれています。

具体的に言うと、1本のタバコを吸うことによって、私たちの体は、25〜100mgのビタミンCを消費してしまうのです。

私たちが一日に必要とするビタミンの量は約50mgといわれています。

タバコを吸うことで、かなりのビタミンが損なわれていることになるでしょう。

ビタミンは、肌の再生や、若々しさを維持するために必要です。

また、タバコには、ニコチンが含まれています。

喫煙によりこのニコチンが私たちの血管の隅々までいきわたり、毛細血管を収縮させてしまいその結果血行を悪くさせてしまいます。

タバコは、細胞の中にあるDNAを傷つけてしまう活性酸素を多く作り出します。

にきびの炎症や、色素沈着が増える原因に、活性酸素があげられます。

肌にかなりの悪影響をもたらすことがわかります。

よく、「タバコを吸うとご飯をあまり食べなくてもよくなる」といわれます。

タバコにより、私たちの胃の粘膜は荒らされてしまい、その結果ビタミンCの消費が増える可能性があります。

お肌のために、にきびの痕を残さないようにするためにもなるべく喫煙量は減らしていくようにしましょう。

 <  前の記事 にきびが完治するには  |  トップページ  |  次の記事 洗顔方法  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび跡を消すために」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。