Top >  にきびの治療 >  洗顔方法

スポンサードリンク

洗顔方法

洗顔料を使うときに、手のひらで十分あわ立ててつかっていますか?

これは、直接洗顔料を顔につけてしまうと、刺激が強すぎる場合があるので、注意が必要だからです。

洗顔の基本は、手のひらで洗顔料をあわ立て、その泡で顔を包み込むようにしながら洗うようにしましょう。

また、デリケートな肌なので、ナイロンのタオルや、洗顔ブラシなどは使わないようにしましょう。

このことは、顔だけではなく、体を洗うときにも同じことが言えます。

入浴時に、体をナイロンのタオルでこすり荒いするのは、皮膚にも悪く、悪化の原因となります。

一日の洗顔回数は、2回くらいにしておきましょう。

汗をかきやすい夏は仕方ありませんが、日常的に、肌から皮脂をとりすぎるのも肌によくありません。

あまり洗いすぎると肌の状態が悪くなってしまう可能性があります。

それから、洗顔をするときは、ぬるま湯で洗うようにしましょう。

洗い流すときには、ためた水ですすぐと、洗顔料が残ってしまうことがあるので、十分すすげないことがあります。

できればシャワーや、流水で洗うようにしましょう。

 <  前の記事 にきびと喫煙  |  トップページ  |  次の記事 化粧品の間違い  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび跡を消すために」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。