Top >  にきびの治療 >  化粧品の間違い

スポンサードリンク

化粧品の間違い

化粧品は、自分の肌質によって一番良いものを選びましょう。

そのためには、自分の肌のタイプを知ることが大切です。

また、同じ肌でも、季節によって変化します。

肌の状態にあったものを使うようにしましょう。

いつも今の肌の状態にあったものを使えるように、状態に合わせて化粧品も変えていくことが大切です。

わからないときは、化粧品売り場の店員さんに聞いてみるとよいでしょう。

基礎化粧品もですが、メイクに使用するファンデーションも状態に合わせて変えることが大切です。

ファンデーションには、いろんなものがあります。

ビタミンCやEを多く配合しているもの、UVカットが高いもの、殺菌力、にきび専用のものなど最近ではいろんな種類のものが市販されています。

また、専門の皮膚科では、特別な化粧品として、高濃度のビタミンCを配合しているものを作っているところがあります。

市販のものには、ドクターズコスメと呼ばれるものもあります。

こういった特別に市販されているものには、高濃度のビタミンを配合しているので、かなり効果が期待できるでしょう。

ですが注意しておきたいことがひとつあります。

大手の化粧品メーカーから市販されているにきび用の化粧品には、にきび用と書いてあっても、この効果はにきびを防ぐためのものであり、にきびを治すものではないということです。

薬ではないので、治す効果はありません。

これらの化粧品には、配合されている成分にも、ドクターズコスメとは違った低濃度のものが配合されているに過ぎないかもしれません。

また、防腐剤、殺菌剤、着色料など合成のものが多く入っているでしょう。

 <  前の記事 洗顔方法  |  トップページ  |  次の記事 薬の間違い  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび跡を消すために」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。