Top >  にきびの治療 >  薬の間違い

スポンサードリンク

薬の間違い

コンビニや、スーパー、ドラッグストアなどには、にきび治療薬がおいてあります。

これは市販で購入できる一般薬と呼ばれるものです。

お店で購入する薬は、医師による診察、処方がいらないので気楽に購入することができますが、一般的なものなので、個人個人の肌質に合わない場合があります。

ひどい場合では、薬があわなくて、反対にかぶれてしまったり、ひどく炎症を起こしてしまいかねません。

市販薬を試すときには、にきびが悪化してしまわないように、目立たない場所で、小さな範囲で試してみることが大切です。

さらに、角質剥離剤というものが入っているにきびの薬には、表皮の角質をはがすものがあります。

この薬には、にきびの初期で使用することは有効なのですが、反対に皮膚を乾燥させすぎてしまい、刺激に敏感にさせてしまうことがあるのです。

つぎに、赤い炎症をおこしているにきびになると、炎症を押させる作用のある抗炎症剤が必要となってきます。

イソプロフィンピコール主体の薬はよく処方されますが、あまり効き目がありません。

にきびの薬にも、にきびの症状の状況によって使うものを変えていくことが大切です。

どの薬を使えばよいか、判断がつかないような場合には、やはり病院へいき症状をみてもらって、自分にあった薬を処方してもらうのが懸命でしょう。

また、市販薬でひどいにきびが治るということは、かなり難しいといえます。

 <  前の記事 化粧品の間違い  |  トップページ  |  次の記事 病院を選ぶポイント  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび跡を消すために」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。