Top >  にきびの治療 >  アミノ酸の一種、アミノレブリン酸とは?

スポンサードリンク

アミノ酸の一種、アミノレブリン酸とは?

アミノ酸の一種に、PDP治療の材料としてアミノレブリン酸があります。

これは、PDP治療を行う前に必ず飲むものですが、いったいどういったものでしょう。

アミノレブリン酸とは、もともと私たちの体内にあるものです。

体の組織を作っているものなのです。

このことから、アミノレブリン酸で、副作用や拒否反応といった事を考える必要はないわけです。

ということは、アレルギー反応を起こしやすい人にも安心して使用できます。

使用することで通常の体内量よりも多くはなりますが、許容範囲内ですので、心配はありません。

次に、光を照射するわけですが、照射ときくと怖いイメージがあるかもしれません。

ですが、活性酸素とともに消滅するので、安心です。

この治療法は皮脂腺に取り込まれるアミノレブリン酸の性質を利用したものなので、そのほかの組織にはダメージを与えないのです。

また、このアミノレブリン酸は、水溶性なので、使用されなかった分は、その後、尿として対外へ排出されます。アミノレブリン酸は、酸なので、すっぱい味がします。飲むときに軽い吐き気を感じるかもしれませんが問題はないでしょう。

 <  前の記事 にきび予防の注意点  |  トップページ  |  次の記事 どうして毛穴が開くのか  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび跡を消すために」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。