Top >  にきびと肌、毛穴 >  外科手術のデメリットとは

スポンサードリンク

外科手術のデメリットとは

切除手術は、にきびがひどくなると行う解決方法のひとつです。

ですが、いくつかのデメリットがあるのです。

一つ目は、肌に傷跡が残ってしまうということです。

この方法は、顔や人目についてしまう部分で行うのは避けたほうがよいでしょう。

手術なので、顔を洗えないなとどいう気持ち的にも大きなデメリットがあるといえます。

顔にできたにきびは、レーザーで治すこともできます。

レーザーを使った場合は、傷跡が残る心配はほとんどありません。

また洗顔も出来るので、よい選択肢でしょう。

ですが、にきびが重症の場合、レーザーを使うと治療回数が多くかかることがあります。

また、回復にも多少時間がかかるでしょう。

 <  前の記事 毛穴のケアをしましょう  |  トップページ  |  次の記事 ひげ剃りについて  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび跡を消すために」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。