Top >  にきびと肌、毛穴 >  ひげ剃りについて

スポンサードリンク

ひげ剃りについて

男性がひげをそるときに、ひげの間ににきびが出来てしまうと大変です。

ひげのある場所では、ひげそりをするせいで、肌のトラブルがおきやすいといわれています。

このトラブルの原因は、ひげそりの刃にあるのです。

ひげそりの刃は、鋭いものでないと、うまく切れないことから肌の「角層」を深く傷つけてしまうことにもなります。

この角層には、水分をキープして、細菌が感染してこないよう守る機能があるのです。

それが、髭剃りの刃がきれにくいことで、ぼろぼろになってしまうのです。

そのすきに、傷つけた部分からにきび桿菌などに感染されてしまう結果となるのです。

この対策として、ひげそりのときには、古い刃はなるべく使わずに、切れやすい刃を使うようにするとよいでしょう。

また、シェービングフォームなどを使用して、髭剃りの刃が滑りやすくすることも大切です。

綺麗にひげをそったあとは、ローションなどで、肌を保湿しておきましょう。

ひげそりのときには、裏技として、蒸しタオルを使うなどしてひげをやわらかくしておくとそりやすくなります。

ひげそりのあとのシェーバーは、使用ご綺麗に洗浄しておき、乾燥をさせて、次に使用するときに備えましょう。

乾燥を怠りぬれたまま放置しておくと雑菌が繁殖するもとになります。

 <  前の記事 外科手術のデメリットとは  |  トップページ  |  次の記事 にきびができやすい人  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび跡を消すために」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。