Top >  にきびと肌、毛穴 >  ドライ肌

スポンサードリンク

ドライ肌

乾燥肌のことを、ドライスキンとも呼びます。

これは、大人になって出来るにきびに多い肌質だといえます。

原因として、水分量と皮脂の分泌量のバランスが取れていないので、肌が乾燥気味になってくるのです。

肌の角質層に水分が少なくなってくると、肌の生まれ変わるサイクルが遅くなり、再生が上手に行われなくなります。

そのため角質が少しずつ厚めになってきます。

こうなってくると、毛穴がだんだんと細くなり、この部分に老廃物がたまってくるので、細菌がつきやすくなり、にきびが出来やすくなるのです。

普段から乾燥肌を補うために、洗顔をし過ぎないように注意しましょう。

また洗顔後も、保湿を心がけ、環境などの刺激を受けやすいので、きちんとガードするようにしましょう。

ですが、ここで、油分の多くはいっているクリームはやめておきましょう。

洗顔もなるべく刺激の少ないもので、洗うように心がけてください。

 <  前の記事 にきびができやすい人  |  トップページ  |  次の記事 にきびの原因であるストレス解消方法  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび跡を消すために」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。